患者さまからのお手紙の紹介

本日は患者さまからいただいたお手紙の一部を紹介させていただきます。

当院では、がん治療前に卵子や受精卵、精子、卵巣組織を凍結保存
しておく妊孕性温存を実施しております。
妊孕性温存の対象となる疾患は主に、乳がんや血液疾患などの方が多く
おりますが、例えば、乳がんの場合、標準的な治療でもがんの摘出から
その後の治療までで、5-10年かかることなどもあり、凍結しておいた
卵子や精子を使うまで長期間を要することもあります。
また、妊孕性温存の実施時には、治療の副作用で妊孕性が喪失することが
必ずしも確定しているわけではなく、「低下」にとどまるケースも多数
有ります。そのため、温存しておいた卵子や精子を使うということだけに
価値があるというわけではなく、ときに使用せずに済む方もいらっしゃいます。

今回はそうした方からのお手紙の一部を紹介致します。

-以下、お手紙の一部抜粋です-

6年前に、乳がんでの治療を前に卵子を凍結保存していただきました。
長い間保存していただきましたが、この度廃棄申請をすることとしました。
2017年に結婚し、ホルモン治療中でありましたが、3年間で服薬を一旦中断し、
その後自然妊娠することができ、2019年9月に元気な男の子を出産いたしました。
できれば2人目も欲しかったので、昨年も更新しましたが、2人目も幸いなことに
自然妊娠することが出来、来月出産予定となっております。

・・・・(中略)

凍結卵子は、私の将来への希望でもありました。
結局使うことはありませんでしたが、大変感謝しております。
本当に有難うございました。

-お手紙の内容はここまで-

2021年からが妊孕性温存の助成金事業も始まり、
より多くの方々がこの治療を選択しやすくなっていきます。
将来こどもを望む方々の一人でも多くが、「がんでもママパパ」を実現できるように、
スタッフ一同精一杯治療にあたってまいります。

この度はお手紙いただきありがとうございました。

関連記事

  1. 薬膳を取り入れて体質改善

  2. 妊娠初期の超音波検査と経過について

  3. 体外で育てた受精卵の質ってどうなの?

  4. PGT-A

  5. 自己注射について

  6. 培養液について

PAGE TOP